201709 <<  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   >> 201711

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013年11月19日(火)  by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - - - - -  -

今後の予定

お久しぶりです

奥久慈トレイルから三ヶ月以上音沙汰なしでしたが、

一応生きております

音沙汰なしの三ヶ月間に「信越五岳トレイルレース」もなんとか完走し

今年の目標の一つでもあったUTMB(ウルトラトレイル デュ モンブラン)の参加申し込み条件である7ポイントも稼ぐことができました

後は抽選が当たるかどうかの神頼み



さって、仕事も大会もひと段落つき

ブログもボチボチと更新していこうと思いますが...いつまで続くことやら

あと今後の予定ですが、

10月28日 OSJ氷ノ山山系トレイルレース

11月25日 阿讃山脈縦走トレイルレース

12月2日 美郷駅伝

1月20日 千羽海岸コースタル・トレイルレース

2月10日 愛媛マラソン

2月24日 TOKYOマラソン

3月17日 宿毛花へんろマラソン

3月31日 やまなみウォークラリー(予定)

4月21日 とくしまマラソン(予定)

以上のようになっております

念願のTOKYOマラソン初当選でございます

1回は走りたかったので楽しもうと思います

それでは、各大会の会場で皆様とお会いできること楽しみにしております。

2012年10月09日(火) 23:10 by R325 [ Edit ]
cetegory : 近況報告 - comments(0) - trackbacks(0)  -

OSJ奥久慈トレイル50K

 時系列が逆になりますが。。。

6月2〜3日と「OSJ奥久慈トレイル50K」参加のために茨城県常陸太田市・太子町に行ってきました。

飛行機と電車とレンタカーを乗り継いで約5時間半、受付会場でもあるゴール地点の竜神大吊り橋に到着



受付を済まし、選手用駐車場になっている第2駐車場で車中泊

翌朝3時過ぎに起床

ごそごそと準備をし、4時過ぎにスタート地点行のバスに乗車

今回のコースはこんな感じ


袋田温泉を出発し、白木山を経由し竜神大吊り橋を通過、東金砂山神社を経由して再び竜神大吊り橋に帰ってくる

例年は逆らしいです

事前の下調べでとにかく距離の割にキッツイ!コースとだけは聞いていたが。。。

スタート会場に着いてから色々と準備をしつつ、トイレで列をつくっていたのだが!

なかなか進まない(汗

そうこうしてるうちに開会式が始まり、参加選手も続々とスタート地点に並び始めている

やっと自分の番になり用を終えて出てきたら、

スタート30秒前コールが!!

慌ててサンバイザーとサングラス、手袋をバックから取り出し、荷物を預けたら...スタートした

仕方ないのでおとなしく最後尾にまわり、ゆっくりとスタート

走りながらパンツの紐を結んだり、手袋をはめたりと慌ただしい

2週間前のSTYの疲労も残っているので最後尾からゆっくりと追い上げようと思っていたが、最初の登山口が狭いから渋滞必至ときいていたので仕方なくペースアップ

しかし芯に疲労が残っていて身体が重く、今日は非常にしんどいことになるだろうと痛感

日本三名瀑の袋田の滝を通過、マイナスインで疲れた身体を癒してもらっていたら100番辺りまできたので、ここからは周りのペースに合わせる

最初の登山口から急な上り坂

でもSTYの天子山群に比べたら楽なもの、疲労も考えて抑えたペースで登る

ここから第1関門まではアップダウンが小刻みに続くシングルトラックがメイン

走れるところはきちんと走らないとタイムに響く

第1関門は1時間44分で通過

既に左足のハムストリングが痙攣しかけてるうえに、汗が大量に出て脱水状態の危険が

次は男体山を越えて、このコース最大の難所へ

鎖場のオンパレードに、沢渡りが数えきれないほどに待ち構えていました

この区間はほとんど走れるところはなく、手と足をフルに使ってのアドベンチャー

もう足元は泥んこです

湯沢峡を越えて亀ヤ渕に下りれば第2関門である竜神大吊り橋にむかう舗装路に

谷沿いを約4kmほど走れば竜神大吊り橋に向かう長い階段が。。。

もう攣りそう足に喝をいれて登る

竜神大吊り橋を渡れば第2関門

ダム湖面から100Mの絶景を堪能しながら渡り切り、第2関門通過時間は4時間58分

ここで水分の補給も兼ねて少し長めの休憩


6分ほど休憩して後半戦

第1駐車場から階段をおりて第2駐車場に、そこから脇の登山口へ

途中で一緒になった地元ランナーから、ここのトレイルを超せばあとはロードと林道の組み合わせの楽なコースになると聞いたのでひと踏ん張り

トレイルを抜けてロードに入ると、地元のおじさんやおばちゃんたちが私設エイドを設けてくれていた

麦茶と果物をありがかたくいただき先に進む

東金砂山神社まではロードだが疲労で登りは走れずに歩く

東金砂山神社手前の第4エイドで薄いポカリをがぶ飲み

本堂に続く階段で足が終了

ここからコースは下り基調の林道だったので走れる下りはなるべく走り、登りは少しの登りでも歩くことにする

長い林道を下りきり再びロードにでるが、もう平坦な所でも走る力は残ってなかった

なんとか第3関門までたどりつき、ソイジョイ2本と薄いポカリをがぶ飲み

ここからゴールまで約10kmなので、あと2時間ぐらいと予想

ここから最後の山を登る

登りきったところでロードにでるが下り以外はすべて歩く

第6エイドではいただいた、かりんとうまんじょうが旨かった

ここから亀ヶ淵までは下りのトレイルだったのでできる限り飛ばす

再び竜神大吊り橋につながる谷沿いのロードに出て、ここは最後の力を出して走る

最後の階段もなんとか登り切り、竜神大吊り橋を渡り切りゴールへ

タイム:9時間28分09秒(総合:52位、男子:48位)

もう〜いっぱいいっぱいでした。

地元ではなかなか走ることができないほどのハードなコース設定には苦労しました

でもコースには袋田の滝や竜神大吊り橋などがあり走るだけでなく、見てはしれるロケーションはよかったと思います

また機会があれば参加してみたいと思います




2012年06月14日(木) 22:43 by R325 [ Edit ]
cetegory : トレイル・ランニング - comments(0) - trackbacks(0)  -

奥久慈トレイル結果

奥久慈トレイル無事に完走できました。

ゴールタイム:9時間28分09秒
総合:52位 男子:48位

2週間前のSTYの疲労が残っていて、35km過ぎたところで足が完全に終わりました!

なんとか粘ってゴールしましたが、疲労感がすごいです

また後日に詳細を更新したいと思いますので気長にお待ちを。

2012年06月03日(日) 20:54 by R325 [ Edit ]
cetegory : 近況報告 - comments(0) - trackbacks(0)  -

お久しぶりです

ながらく更新さぼっておりました

ただいま、奥久慈トレイの会場行きの電車の中で更新しております

3月以降、仕事や諸事情でなかなか時間がとれずに。。。

言い訳はこれぐらいに

更新はしておりませんが大会には出場しております

とくしまマラソンはDNFでしたが、STYは無事に完走しております

そして今週末は奥久慈トレイル

奥久慈トレイルが終われば、少し時間的余裕もとれるので、まとめて更新したいと思います

では!奥久慈トレイル、

がんばってきます!!
2012年06月02日(土) 16:21 by R325 [ Edit ]
cetegory : 近況報告 - comments(0) - trackbacks(0)  -

サンドイッチ

 先々週、仕事中に機械の操作を誤って胸部を壁とサンドイッチしてしまいました

幸いにもレントゲンを見る限り、肋骨の骨折やヒビは確認されませんでした
(ただ骨が複雑に構成されているので単純レントゲンでは絶対とは言えないようです)

骨折等はないとはいえダメージは大きく10日程お休みしておりましが、

先週から痛みが徐々にひいてきたのでジムでバイク漕いだりしてました

今週より走っても問題なさそうだったので本格復帰

とくマラまであと20日もないなかでの10日のブランクは少し痛いですが

本番までには間に合うように急ピッチですが仕上げていきたいと思います。
2012年04月04日(水) 23:28 by R325 [ Edit ]
cetegory : 近況報告 - comments(0) - trackbacks(0)  -

第4回宿毛花へんろマラソン

 いや〜!あいかわらず遠かった!!

2年ぶりに宿毛の地を騒がしてきました

今年も前回同様にピンクのウサギの着ぐるみを着てのファンランでした。


土曜日の仕事を終えて19:00に宿毛市に向けて車を走らせる

吉野川SAで晩御飯と翌日の朝ごはんを買い込み、隣接する吉野川ハイウェイオアシスで温泉を堪能

一人での長距離移動だったので暇つぶしにDVDを流しながら睡魔と格闘しつつ

00:30にゴール会場の宿毛市総合運動公園に到着

すぐさま車内に寝床をつくり、寝袋で就寝

翌朝、予報通りに雨☂


幸いにも気温自体はそんなに低くないので、雨を吸って少し重くなる程度なら問題ないか

まーあれこれ心配してもしかたないので車内で朝食


受付を済ませて指定の更衣室でぶらぶらと時間をもてあそぶ

今回の参加記念品

前回大ウケしていただいた救護班のオネーサマ達にも再会

なんと!中の人の顔を覚えてくれてまして

「今年もアノ恰好ですか?」と、

今年もアレですよ!と答えたら、大喜びで見に行きます!と言っていたけど。。。見に来てたかな?

仮装の時は着替えるのに勇気がいります。。。なんせアウェー感いっぱいですので

そんなんで開会式直前まで着替えずにいると、リアルはなちゃんは慣れたもの

会場に颯爽と現れて、すぐさまスタート地点へ移動していきました

スタート30分前に開会式が始まるが、雨が降っているので大勢の方が建物中で雨宿り

ゲストの寛平ちゃんの「みんな、どこいった〜ん?」、「早く出てきなさ〜い」と催促がかかったので着替えてスタート地点へ

しかし、やっぱりアウェーの洗礼を浴びる(この間は一向に慣れません)

スタート地点へ行くとちょうどリアルはなちゃん夫妻(泡るん)の選手宣誓!

ここで広島のピンク隊のピンク手袋さん、ニコさん、婦長さんと再会

そして仮装ランナーとも新たなる出会いが...イエロースターさんに、だるまさん
(だるまさんはサブ3ランナーで、今回6位入賞する実力者)

そんなこんなで和気あいあいと話し込んでいたらスタート時間

偶然にもスタートライン付近でいたので、なんと最前列でのスタートとなってしまいました


スターターの寛平ちゃんの合図でスタート!

今回ばかりは、けいさんばりのロケットスタートを敢行

ほんの一瞬!うさぎさんトップを走りました


後続の邪魔にならないように最初のコーナーで大きく外にふくらんで後続グループに合流

さってここから長くて楽しい42.195kmの旅の始まりである。

序盤は松田川沿いにゆるやかに下っていく

ファンランなのでゆっくり走ろうとするが。。。これが難しい!

最初のプランでは今回は4時間を想定していたので25kmまで5.30/km、25km以降は5.50/kmで行こうと思っていたが

どうしても5.15/kmが限度

仕方ない雨も降っているので衣装が濡れて重くなる前に貯金を作っておこうと、このペースで折り返しまで走ることにした

雨の中でも沿道からは大きな声援が

もう腕を下す暇がないぐらいに両側にいる観客全員に手を振って声援に応える

宿毛大橋を渡ったら10km地点、ここから21kmまでゆるやか〜な上りですがほとんどフラットに近いです

10km過ぎの、文教センター前の様子


ここが宿毛花へんろマラソンの一番の応援が多いところ

手を振ったり、ハイタッチに応じたり、写真や写メの要望に応えたりと大忙し

宿毛花へんろは完全に車道を封鎖していないのでたまに車の往来がありますが、それにも手を振ると車内から笑顔で振りかえしてくれます

21km地点過ぎ、前回と同じポイントでTOMMYが撮影

近くにいた女性を誘って一緒に記念撮影

TOMMYさんに挨拶して、帰りもお願いしますと言って暫しのお別れ

さってここから折り返しの28kmまでが登り坂が続く難所

とはいえ、同じ高知の馬路を走ったことのあるオイラには大したことはない

徐々にペースの落ちてくるランナーさん達や折り返してきたランナー達にもエールを送り登っていく

折り返し地点でだいぶ貯金ができたので、ここからはゆっくりと行くことにした

給水所ではボランティアの方々と話したり、一緒に給水のお手伝いしたりと楽しかった

帰りのTOMMYさんの撮影ポイント

今回はたまたま後方を走っていたメイドの仮装の人と撮影

さって、どんな様子になっているか楽しみ

帰りもたくさんのランナーさん達とハイタッチ

「がんばって〜」とか「元気くださ~い」とかいろんな交流があって本当に楽しかった

結局、楽しすぎて4時間ちょうどくらいで走り終えました

ゴール後も後続のランナーさん達を出迎えようと思ってましたが、雨で濡れた衣装が急激に体温を奪っていくので今回は残念ながらできませんでした

たまには記録を狙わずに楽しき走るのもいいもんですね

ぜひ来年も都合がつけば参加の方向で検討したいと思います

関係者の皆様、本当に心温かい大会運営お疲れ様でした。



2012年03月22日(木) 21:53 by R325 [ Edit ]
cetegory : マラソン - comments(8) - trackbacks(0)  -

幕引き

 一昨年より四万十ウルトラに向けて最後の長距離練習として参加してきた

「おらが村・心臓やぶりフルマラソン」

残念ながら昨年の20回大会を最後に幕をひくことになってしまいました。


山間の小さな村で行われる大会で、今時では珍しく計測器などを使わず手動で計測

コースもフラットな所はほとんどなくフルマラソンを走るにはキッついコースでした

でも村民あげての応援やお金は掛けないけど真心こもった運営がものすごくアットホームで大好きな大会でした。

人口減少や高齢化などの諸事情で残念ながら今回で幕をひくことになってしまいましたが

これからも違った形で馬路村を応援していきたいと思います。

大会関係者の皆さん、20年間運営本当にお疲れ様でした。


2012年03月05日(月) 23:11 by R325 [ Edit ]
cetegory : - - comments(2) - trackbacks(0)  -

第4回 海部川風流マラソン

 2年ぶりに出走できました

結果は、グロスで4時間08分45秒 ネットで4時間08分27秒

体調不良で直前までDNSを考えてましたが、地元の思い入れのある大会だったので無理承知で出走しましたが、

やっぱりダメでしたね。

行きのハーフは1時間35分で、帰りのハーフが2時間33分

初出場の四万十ウルトラの時以来かなこんなに歩いたの

それでも自身のコースレコード更新だったのがささやかな救いです

3年ぶりに完走できたので、来年はもうすこしキチンと形で完走したいですね。


2012年02月20日(月) 23:48 by R325 [ Edit ]
cetegory : マラソン - comments(0) - trackbacks(0)  -

鬼門

 鬼門:

丑寅の方向、つまり北東のことがもともとの意味。 かつてはここから鬼が出入りすると言われていた。 転じて、同じような状況でよくないことが続いたときにこの状況をジンクスとしてこう呼ぶ。
避けた方が良いとされる縁起の悪い場所や方角。


これに当てはまるのが地元で行われるフルマラソン大会

「とくしまマラソン」と「海部川風流マラソン」

両方とも第1回大会から参加してますが、この2年は両大会とも完走すらありません

とくしまマラソン
第1回:4時間32分→第2回:3時間36分→第3回:病気により欠場→第4回:仕事の都合で欠場

海部川風流マラソン
第1回:4時間10分→第2回:病気により途中リタイヤ→第3回:怪我により欠場

今年こそはと思っていましたが...

ノロウイルスに感染

またしても困難が立ちふさがります

幸いにも症状は回復に向かっているので当日までに回復してくれたらいいのですが

今年も鬼門となるんかいな。

2012年02月16日(木) 23:30 by R325 [ Edit ]
cetegory : 近況報告 - comments(0) - trackbacks(0)  -

第50回 愛媛マラソン

 2年連続で今年も行ってきました。

サブ3を宣言して挑む最初の大会、

今シーズンは愛媛、海部川風流、とくしまと3つの大会にエントリー(宿毛は仮装でファンランなので除外)してますが日程、条件を考えたらこの大会が本命!

ていうか、愛媛以外は過去2年間まともに走ってないのでコースの感触忘れちゃってるので、この大会がタイムを狙える可能性が高い。

今回も土曜の夜に出発し、吉野川SAで温泉を満喫し、石鎚山SAで車中泊

7時前に会場入りし準備したり、知り合いと話してたらあっというまにスタート30分前

慌ててトイレに駆け込み、指定のスタートブロックに並んだのは締切5分前

寒いのでサクサクと終わってほしい開会式ですが、ゲストのQちゃんが出てきたら空気一遍

Qちゃんの夢は?の掛け声とともに、”叶う”の大合唱!!

やっぱ、ゴールドメダリストのオーラーは違うわ。

スタートは運よくかなり前目で陣取れた

定刻の9時30分にスタートの号砲が鳴らされた

周りはサブ3狙いのランナー達ばっかりなのでスムーズにすぐさま自分のペースで走ることができた(ロスタイムは2秒)

〜5km 20:55(スプリット) 20:53(ラップ)
5〜10km 42:03(スプリット) 21:08(ラップ)

スタート直後から広い道なのでランナーを気にせず走れるのは快適だがアップの時も感じた脹ら脛のダメージが残っているようで少し違和感がある

8km手前でこのコース最高地点の上り坂があるので、そこはこの後の疲労も考えて余力を残して登る

10〜15km 1.02:52(スプリット) 20:53(ラップ)
15〜20km 1.23:42(スプリット) 20:46(ラップ)
中間点 1.28:18

10km過ぎたところでTOMMYさん発見!!

「TOMMYさ〜ん!」と声かけて通り過ぎていく

ほぼ4.10/kmのペースで第1折り返し3時間ペーサーとの距離を確認

だいたい1分弱ぐらいだったので後半はこの差をいかに保てるかがポイントとなる

20〜25km 1.44:25(スプリット) 20:43(ラップ)
25〜30km 2.05:22(スプリット) 20:57(ラップ)

第1折り返しところで”ボヤッキー”発見!!

しかしボヤッキーめっちゃ速くなかなか追いつけない

23km付近でボヤッキーペースが落ちてきて、やっと抜き去ることに成功

すこししんどくなってきたが順調に30kmまできた

ここからが正念場、いかにペースダウンを抑えれるかがポイントになってくるが不安はダメージ残る脹ら脛

かなりダメージが蓄積されたみたいでこの時点で結構張りがある

30〜35km 2.05:22(スプリット) 21:31(ラップ)
35〜40km 2.49:26(スプリット) 22:33(ラップ)

33km地点 ここまで4.15/km以内を保ってきたペースが崩れ始める

なんとか最小限ペースダウンで踏ん張り続けるが小さなアップダウンが足に堪える

復路でもTOMMYさんからの”がんばれ〜!”のコールで気を保つが一人、一人と脱落していくランナー達をみると心が折れそうになる

残り数キロとなったところで沿道から「風船の人がいる」との声が聞こえる

後ろ振り向くと少し離れて3時間ペーサーが見える

あれに抜かれるとサブ3は絶望的になるとの思いでなんとかペースを保つが、もう脹ら脛が限界に近い

ゴールの城山公園に入る最後の左の曲がり角が見えないか前方を確認したら...見えた!

もうこのコーナー曲がったらあと約200Mでゴールできると思った瞬間

右の脹ら脛が”ゴリッ”と音とともに痛みが走る
(肉離れ一歩手前)

なんとかこらえて変な走り方でゴールラインを切る

40〜Finish 2.59:02(スプリット) 9:36(ラップ)

念願のサブ3達成!!

しかしゴール直後に痛みでその場に座り込み、両脇を救護班に抱えられて医務室直行

なんとも情けない初サブ3となりました。

今年の目標の一つだったサブ3が達成できたので今後はトレイルのほうに比重を置きたいと思います

最後に応援してくださった皆様、本当にありがとうございました<(_ _)>



2012年02月06日(月) 22:11 by R325 [ Edit ]
cetegory : マラソン - comments(4) - trackbacks(0)  -