201706 <<  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   >> 201708

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013年11月19日(火)  by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - - - - -  -

THE NORTH FACE ULTRA-TRAIL DU MONT-BLANC 2013 其の2

翌日は朝の5時に起床

朝食まで時間もあるので散歩に出かける









スタートゲートに行くとUTMBの4つのレースの1つのTDS(クールマイユールをスタートし、南半分を右回りでシャモニーに帰ってくる119kmのレース)
の選手達のゴールが続いていた





















シャモニーの街には日本で何処にであるコンビニや自販機は無いので食材等はスーパーで調達する必要がある
朝は早くから開いているが夜は早い時間に閉めてしまうので注意が必要である













TDSの選手達を逆走して追いかけていったら、いつの間にか街外れの林道に



















朝食の時間がきたので一旦ホテルに戻る

朝食はビュッヘェなのでお腹いっぱい頂く

品数はパン(6種類ぐらい)にベーコン、スクランブルエッグ、ハム、サラミ、コーンフレークなど

ただパンは美味しく(特にクロワッサン)、カーボローディング兼ねていっぱい頂きました

この日は装備チェックがあるので昼前に街の体育館に出向く...


...続く


2013年09月07日(土) 20:24 by R325 [ Edit ]
cetegory : UTMB - comments(0) - trackbacks(0)  -

THE NORTH FACE ULTRA-TRAIL DU MONT-BLANC 2013 其の1

本年度最大のイベント

2009年にNHKで放送された「激走モンブラン」を見て、

「絶対にここを走ろう!」と決めてから4年

遂に夢が叶う日がやってきました。


8月27日の夕方、徳島空港を出発し

羽田空港→ドバイ空港→ジュネーブ空港へ










初の海外旅行という事で、この長距離フライトだけで結構疲れました。

ジュネーブ空港からは乗り合いバスでフランス、シャモニーへ







空港を出ると日本とは違った景色に感動

ジュネーブ空港からシャモニーへは約1時間のドライブ





























ホテルの前まで送ってもらい、チェックイン後に早速シャモニーの街を散策

















この日は長距離フライトの影響もあり早めの就寝...

...続く

2013年09月06日(金) 23:25 by R325 [ Edit ]
cetegory : UTMB - comments(0) - trackbacks(0)  -

お久しぶりです

結婚、引っ越し、仕事、トレーニングなどでいろいろと忙しくしておりました。



そして、本日未明にUTMB出場の為フランスに出発します。

良い結果が残せるように苦しさをを精一杯がんばってきます。

帰国したら少し時間もとれそうなので少しづつですが更新して行きたいと思います。

では、いってきます!

2013年08月27日(火) 23:16 by R325 [ Edit ]
cetegory : UTMB - comments(0) - trackbacks(0)  -

私事ですが

本日(29日)、入籍いたしました

相方もトレイル、ランニングをしていますので機会があれば会えると思います

相方共々よろしくお願いします。
2013年05月29日(水) 09:10 by R325 [ Edit ]
cetegory : 近況報告 - comments(2) - trackbacks(0)  -

STY(ULTRA TRAIL Mt.FUJI)

 スタート直後は体調を確認するためにスローペース

でもペースの割に心拍数は高く、気温も高いせいか汗ばんでくる

最初のエイド「水ケ塚公園」で28位、ここで少し前を行っていたじょんさんと合流ししばらく一緒に行くことに

思ってた以上に気温が高いせいかいつもより疲労度が高い

3つ目のエイド「すばしり」を越えた最初の山で体調異変

眩暈に襲われて目の前が歪み立っているのも困難に

近くにいた人からハンガーノックと違う?と言われたので持っていたジェルを胃に流す

なんとか症状もゆるやかになってきたのでだましだまし走り次のエイド「山中湖きらら」に辿り着く

ここでリタイヤも考えたが手は無意識に食べ物にいっていたので心はまだ折れてないと思い次のエイドを目指すことにした

眩暈は症状は軽くなったが代わりに頭痛があったのでロキソニンを服用しエイドを出発

栄養補給とロキソニンが効いてきたのか徐々にペース回復

次のエイド「二十曲峠」で40位(38位)

この状態でこの順位なら上出来と思いもう一つ先のエイドを目指すことに

次はコース最難関の杓子山

崖のような急坂をロープ頼りに登っていく

ここで一気に10人ほど交わして調子にのる

最後のエイド「富士小学校」までの長い長い林道の下り坂もいいペースで下れる

「富士小学校」のエイドで21位、あとは高低差700mの山一つ

もう登りの足はほとんど残ってないが傾斜のゆるい所は気合で走る

頂上に着いて、もう後は下るだけと思っていたら。。。微妙に上ってる

幸いにも前走者がいたので根性で走る

暫くいくとやっと待望の下り

平地用の足を残しつつ走る

平地に入り前後に人が見えなかったので順位を落とさないように気をつけながらペースを落として走る

この区間でも8名ほど抜くことができたので20位以内は確実

最後の河口湖大橋を渡る手前で前走者を発見!!

慌てて追いかけるが流石にスパートかけるだけの足は残っておらず11時間49分13秒でゴール

総合13位(男子12位)

途中体調不良に襲われましたが意外と順位はよかったです






2013年05月04日(土) 01:05 by R325 [ Edit ]
cetegory : - - comments(0) - trackbacks(0)  -

STY(ULTRA-TRAIL Mt.FUJI)

 昨年につづき今年も参加

知り合いからは「なぜ100マイルじゃないんですか?」と尋ねられましたが

この時期は仕事が忙しく1日休むのも困難

そんな訳で今年もタイトなスケジュールでの参加となりました

木曜日の最終便の飛行機で東京へ

空港でレンタカーを借り陸路でゴール会場で河口湖へ(河口湖手前のPAで車中泊)

指定の駐車場から朝8時発のバスでスタート地点の富士こどもの国に移動

午後1時のスタートから15時間以内にゴールして

土曜日の始発の飛行機で帰る計画

いつもながら無謀すぎる


今回の装備は、

ウェア類:
THE NORTH FACE パラマウントタンク
THE NORTH FACE S/Sフラッシュドライジオメッシュクルー
ノーブランド L/Sコンプレション系インナー
CW-X ハーフタイツ
ZAMST LC-1(ふくらはぎタイプ)
MIZUNO アーチハンモックソックス
THE NORTH FACE Single-Track
GREGORY TEMPO8

必携品は以下の通り
1、コースマップ(公式HPより後悔されている詳細図をDLして両面印刷)
2、携帯電話(いつも使っているi-phone5を使用)
3、携帯コップ(SEA TO SUMMITのXボウルを使用)
4、1L以上の水(ハイドレーションに1Lの水を入れて使用)
5、食料(パワージェル8個(フラスコに入れて使用)、ショッツ2個)
6、ライト2個とそれぞれの予備電池(ブラックダイヤモンドのアイコンポーラ、ペツルのe-ライト)
7、サバイバルブランケット(モンベル)
8、ホイッスル(e-ライト付属のホイッスルを使用)
9、テーピングテープ(ホワイトテープをカードに巻きつけて携帯)
10、携帯トイレ(モンベル O.D.トイレキットとO.D.ポケットティッシュを各1個)
11、保温着(THE NORTH FACEのOVER JAKET)
12、保温のための足首まで覆う長ズボンまたはタイツ(モンベル バーサライトパンツ)
13、保温のための手袋、耳まで隠す帽子(ASICSのフリースグローブ、アークテリクスのビニー)
14、レインジャケットとレインパンツ(THE NORTH FACE ストームトレイルフーディー、モンベル トレントフライヤーパンツ)
15、熊鈴(モンベル)
16、ファーストエイドキット(ニューハレ Vテープ、Xテープを各2枚、消毒液、ポイズンリムーバー、絆創膏、痛みどめ、胃薬、下痢止め薬)
17、保険証
18、配布されるナンバーカード、ICチップ
19、配布されるフラッシュライト(今回は配布されず)

サプリメントは、アミノバイタルPRO×6ケ(2時間毎に1ケ)とVESPAハイパー×4ケ(3時間毎に1ケ)


2013年05月01日(水) 23:48 by R325 [ Edit ]
cetegory : トレイル・ランニング - comments(0) - trackbacks(0)  -

GREGORY TEMPO 8

メインで使っていた前作ルーファスが傷んできたので





最近流行りのベスト型

標準でハイドラパックの2Lのハイドレーションが装備



大きくする事で膨らみも抑えられるし長距離にも対応できる



さらにハイドレーションの中に仕切りがあり膨らみを抑える工夫も

スライド式ハイドレーション用に開発されてるので給水も素早く行えそう



バック前面部には500mlのペットボトルが入るポケット2ケとポールを収納できるポケットを装備







ポールを入れるポケットにはバンジーコードが付いているのでポールを使わない時にはシェルを収納するのに便利


胸側にも収納用のポケットが沢山


左側はジェルフラスク用ポケットとiPhone5が入るぐらいのジッパーポケットが

右側にはジェルが入るぐらいのポケットにタブレットをいれる小さなポケットを装備




ウエストベルトが2本なのでフィット感が向上


フィット感はサロモンのベスト型バックパックに比べて肩にかかる負担が少ないので自分的にはこちらが好み

8L以外にも5L、3Lがラインナップされているので距離や装備に合わせて選ぶのがいいかも

今年はベスト型バックパックが各社から出てるので選択するのが大変です



2013年04月20日(土) 22:16 by R325 [ Edit ]
cetegory : アイテム - comments(0) - trackbacks(0)  -

THE NORTH FACE Overlap jacket & インペラーフーディ

ランニング用フリース


Overlap jacket


インペラーフーディ

素材は両方ともPolartec PowerDry


Overlap Jacketは前身頃がWindstopper


ジッパーはダブルが使用されております


インペラーフーディはシングル

袖口はインペラーフーディはサムホールですがOverlapは親指を通すループがあり同様の効果あり




薄いながらグリッド構造で伸縮性と保温性を確保




UTMF/STYではフリースなどの保温着が必携品なのでどちらかを持っていく予定





2013年04月11日(木) 12:21 by R325 [ Edit ]
cetegory : アイテム - comments(0) - trackbacks(0)  -

第30回やまなみウォークラリー

二年ぶりに参加しました

朝4時半に山頂駐車場から鴨島駅に向けてスタート

往路はゆっくり行くはずだったがスタートが遅れたのと知り合いと待ち合わせしていたので少し急ぐ

6時10分に鴨島駅に到着

受付をしてると始発で来た参加者がどっと集まる

しかしトレイルランナーが増えました

知り合いとも合流し6時45分に出発

知り合いは今回が初のトレランだったのでいろいろとレクチャーしながら走る

第一CPの曲突越で知り合い早くもへばり気味

曲突越からは少しペースを落とす

史跡公園からのロードは軽い足取りで走っているな〜っと思っていたら別人だった

僧都のCPで知り合いが追いつくのを待つ間に係員と会話

トレイルランナーが増えるとやはり少なからず問題がでてくる

*トレイルランナーが参加するのは構わないが、ハイカーさんの迷惑にならないように早い時間にスタートしてほしい

*ハイカーさんを追い抜く時に挨拶がない

*無理な追い越しがある

などなど

知り合いと合流してからは、かなりへばっていたのでほぼ歩きで眉山を上がり、正午前に花見で人がごった返しになった山頂駐車場に到着

知り合い、非常に疲れていたがトレランに少し興味をもった模様

2013年04月04日(木) 00:36 by R325 [ Edit ]
cetegory : トレイル・ランニング - comments(0) - trackbacks(0)  -

第5回宿毛花へんろマラソン 続きの続き

前にも言ってましたが「宿毛花へんろマラソン」は今回をもちまして終了となります

この大会で仮装デビューして、いろいろと良い思い出のある大会が終わるのは寂しいかぎりです

なので最後にやらかしてやろうと!

そこで一旦普通に走ってゴール後にコースを逆走して最後尾ランナーを迎えに行くことにした
※逆走は大会規定で禁止されてますので本来はしてはいけない行為ですので良い子の皆んなはマネしないように


ゴール後、休憩もなしに競技場を後にする

ゴールに向かうランナーさんに迷惑がかからないように注意しながら逆走

ランナーさん達や沿道の応援してくれてる人達もナゼ逆走してるのか分からず不思議顔?

そりゃ〜ゴールした人がコース逆送して最後尾ランナーを迎えにいくとは想像つきませんわな

再びランナーさん達とハイタッチを交わしながら坂本ダムへ向かう上り坂を登っていく

3度TOMMYさんのもとへ

TOMMYさんも不思議そうな顔

坂本ダム手前の急坂でエネルギー切れ

そーいやースタートしてから水分以外口にしてないことを思い出す

運良く給食のあるエイドがあり助かった

ここで状況を聞き、先ほどすれ違ったランナーさんが次の関門ギリギリだとしりここで折り返す

関門ギリギリのランナーさんに追いつき一緒に並走

マラソンはしんどくなればどんどん不安やしんどさがます競技

なので話しかけて少しでも気を紛らわす

残念ながら関門にひっかかる人達はいるが皆んなよくがんばった

最終関門を通過したランナーさん達も通過したとはいえ油断は禁物

残り約4kmを30分で走らないと時間内完走できない

1kmを約7分だが競技場に入るまでは上り坂なので声をかけながら走るが皆さん相当辛そう

やっとこさ競技場に入り後はトラックを1周すればゴールとなる

トラックを走ると大会関係者やボランティアの学生さん達ともハイタッチ

結局7時間フルに使って2度目のゴール

本当に思い出の詰まったよい大会でした。

2013年03月29日(金) 00:58 by R325 [ Edit ]
cetegory : マラソン - comments(2) - trackbacks(0)  -