201707 <<  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   >> 201709
<< THE NORTH FACE ULTRA-TRAIL DU MONT-BLANC 2013 其の5 | main | THE NORTH FACE ULTRA-TRAIL DU MONT-BLANC 2013 其の7 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013年11月19日(火)  by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - - - - -  -

THE NORTH FACE ULTRA-TRAIL DU MONT-BLANC 2013 其の6

Les Houchesのエイドから少し行くと私設エイドがある


ボランティアの人から「おにぎり有りますよー!」と日本語が

現地に住んでる日本人がエイドを開設してくれてる模様

有難くおにぎりを1個貰いザックに詰め込む

ここから最初の山に突入、12kmで800m登って1000m下る

傾斜自体はそんなにキツくないがこれからの事を考えてストックを使いながら登っていく














驚かされるのは結構山の中にでも応援の人達がいること

それはここだけでなく本当にコースの至る所に応援の人達いるのは驚かされた

ピークを超えて下りに差し掛かった時にお腹を下す

どうもしっくりこないが大丈夫だろうか?

山を下ると次のエイドSaint Gervais(サンジェルベ)

このエイドから食べ物の提供が始まる

エイドにはパンにクッキーに果物さらにサラミやチーズなどもある

レース前にチーズとサラミはお腹に合わない時もあるので控えるように注意されていたので果物中心に頂く

サンジェルベを過ぎると最初の夜を迎える
(初日の写真はここまで)

次のLes Contamines(レ・コンタミーヌ)までは走れる区間なのでゆっくりペースで走る

ここで同郷のS幸君と出会い一緒に行く

レ・コンタミーヌを過ぎると前半の山場の2500m級3連チャンに突入する

35km地点から急坂が始まるが、ここにも麓の住人達が焚き火を焚いて応援してくれる

最初のCol du Bonhomme(ボンノム峠)は14kmで1300m登って1000m下る

長い長い上り坂、日本では経験した事ないほどの距離

もう既に身体は疲労感でいっぱい、でも麓で出会った日本人女子選手のC葉ちゃんと話しながらだったので精神的には楽である

彼女とはLac Combalまで一緒に行動することとなる

やっとピークを越えて下りと気を緩めると削られた岩盤のような走り難くいトレイルに加え傾斜もキツイので転倒の危険性が

山を下るとフランス最後のエイドLes Chapieux(レ・シャピュー)

エイドの入口で渋滞がおきてると思ったら装備チェクが行われていた

次はCol de la Seigne(セーニュ峠)

エイド出てから舗装路の緩やかな上り坂が続き、しばらく行くとボンノム峠よりキツイ上り坂がまっている

長い時間上り、もうそろそろピークかな?と上を見上げれば、まだまだヘッドライトの列が続いている

ピークを過ぎれば二ヶ国目のイタリアに入る

この時点で60kmだが疲労度は距離以上に高い

...続く


2013年09月15日(日) 20:23 by R325 [ Edit ]
cetegory : UTMB - comments(0) - trackbacks(0)  -

スポンサーサイト

2013年11月19日(火) 20:23 by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - - - - -  -
COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
TRACKBACK
TRACKBACK URL