201705 <<  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   >> 201707
<< 第36回美郷駅伝 | main | プレエントリー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013年11月19日(火)  by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - - - - -  -

信越五岳トレイルランニングレース

 だいぶ前のことですが...

9月に長野で行われる信越五岳に参加してきました

大会前日に同大会で知り合いのペーサーを務めるかめさんのY子をピックアップして出発したのはいいが...

肝心のザックを忘れた。

受付は知り合いが代理してくれて助かったが、これが翌日の地獄の始まりになるとは、

朝5時半に斑尾高原をスタート、制限時間は22時間

スタートしてすぐに上り坂はアップを兼ねてゆっくりめで

しばらくアッダウンを繰り返した後は走りやすいなだらかな下り

ここで走ってしまうと後半に足が残らなくなるので抑えめで

1つ目の給水所を過ぎて斑尾山へ

思ったよりはキツくなく第2給水所に

給水所は全部で8つありますが、どれも品数豊富です

水、コーラ、MUSASI、パワーバーが基本で、それ以外にも果物やトマト、そばが出るエイドも

それと8つのうち4つのエイドにはアシスタントポイントとして家族、友人からの食べ物、マッサージ等のサポートも受けられます

エイドを過ぎて袴岳へ

ここも思ったよりキツくないですが上り下りとも走れるだけに無理して走るとダメージが蓄積されてゆくので注意が必要です

袴岳をくだるとコースの最低点の妙高市へ

気温もどんどん高くなり夏場の疲労が抜けてなかったのか、第3エイド手前で40km過ぎた辺りで走れなくなる

エイドで立て直そうと食べ物を摂るが一向に力が出ない

残り70kmはたしてこの体調で完走できるのか?!不安がつのる

エイドを出て関川沿いを歩くが暑さと疲労と残り距離を考えると心が折れた

沿道にいた係員にリタイヤを告げて座っていたら、同郷のT田君が追いついてきた

T田君にリタイヤを告げると、引っ張ってあげるから付いておいで!と言われたので付いていく

しんどいながらも知り合いと走っていると徐々に走れてくるので不思議である

なんとか第4エイドまで到着し、ここでスタッフにマッサージをしてもらう

次の第5エイドまでは永遠とつづく登り

無理すれば走れないこともないが完走狙いで歩く、T田君は元気なので走って去っていた

ここからは完走目的でひたすら足を前に出すことだけに集中

たまにすばらしい景色で心を癒すが今回はしんどくて楽しむ余裕がない

なんとか第2関門である第5エイドに到着

ここでスタート前に預けていたドロップバックを受け取る

このエイドからはゴールまで家族や友人などをペーサーをつけることができる北米などの大会ではある制度が採用されている

このエイドまでくれば時間内完走も見えてきたが、まだ45km残っているので油断は禁物

エイドを出て走るがもうほとんど足は残ってない

黒姫山を越えて下りになったが下る足は売り切れて、平地のみ襲いながらも走れる状態

PM6:00過ぎに81kmの第5エイドに到着

ここまでくればもう残りの距離を全て歩いても完走確実

怪我だけに注意してひたすら歩く

第7エイドではボランティアスタッフが大きな声で出迎えてくれた

名物の戸隠そばを2杯頂き、左足にできたマメも治療してもらう

この時足はいままで経験したこともないぐらいに腫れ上がり、親指の爪の下には内出血があるが不思議と痛みはそれほどない

最後の第8エイドを出発すれば、あとの難所は瑪瑙山だけである

最後にきてこの瑪瑙山がキツい

もう最後の力振り絞って山頂へ

下りの途中で100kmの案内板が...あと残り10km

下りきったところに水のみエイドがある

残り7.5kmはフラットな林道がつづく

暗闇の林道をヘッドライトたよりに歩くがたまに落ちている枝や石に足をぶつけ涙が出そうな程に足に激痛を幾度となくかんじながらひたすら歩く

残り2km程となったところで意を決して走ることにした

日が変わりそうな深夜12時、やっと長い一日が終わった

ゴールタイム:18時間21分07秒

ほんとうに過去に経験のない長くて苦しい大会でした





2012年12月18日(火) 23:03 by R325 [ Edit ]
cetegory : トレイル・ランニング - comments(0) - trackbacks(0)  -

スポンサーサイト

2013年11月19日(火) 23:03 by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - - - - -  -
COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
TRACKBACK
TRACKBACK URL